フリーノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 【J特】J1プレイバック2102【第1節:名古屋vs清水】

<<   作成日時 : 2012/03/15 23:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

J1開幕戦を観ていると、各チームの特色が随所で見られて
とても面白いですね。

先程、名古屋vs清水の開幕戦を見ていて、これまたそれぞれ
の特長が随所で見られて、実に面白い対決となっていました。

さて、今回は、その名古屋vs清水の開幕戦を軽く振り返って
まいります。

みなさんお楽しみに。d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。

では早速参りましょう。

J1プレイバック2012『第1節:名古屋vs清水』

【名古屋グランパス】
『スターティングメンバー』
GK:楢崎正剛
DF:田中隼磨・田中マルクス闘莉王
増川隆洋・阿部翔平
MF:中村直志(後半26分→ダニエル)
ダニルソン
藤本淳吾(後半6分→磯村亮太)
FW:金崎 夢生
ケネディ・玉田圭司(ハーフタイム→永井謙佑)

『控え』
GK:高木義成
DF:ダニエル・石櫃洋祐
MF:磯村亮太・吉村圭司
FW:永井謙佑・田中輝希

『監督』
ストイコビッチ

【清水エスパルス】
『スターティングメンバー』
GK:林彰洋
DF:吉田豊・岩下敬輔
カルフィン ヨン ア ピン
李記帝
MF:村松大輔・河井陽介
枝村 匠馬(ハーフタイム→小野伸二)
高木 俊幸(後半28分→白崎凌兵)
橋本英郎
FW:アレックス
大前 元紀

『控え』
GK:山本海人
DF:犬飼智也
MF:姜成浩・小林大悟
小野伸二
FW:白崎凌兵・鍋田亜人夢

『監督』
アフシンゴトビ

【試合結果】
1−0で名古屋グランパスが勝利。

『得点』
前半32分:※ケネディ(名古屋グランパス)
※PKによる得点

【展開】
序盤から、名古屋・清水双方、それぞれのチーム
の特色を出し、拮抗した戦いが展開されていく。

名古屋はケネディ・ダニルソン・闘莉王・楢崎を
軸に攻守に渡って安定した戦い方、清水は、前線
からスピーディーに展開してサイドを起点に相手
の守備網を崩しにかかる戦い方で、それぞれ決定
機を演出していくが、好勝負と見えたこの戦いの
勝敗を決定づけたのは、前半32分に清水の新加
入選手(吉田豊)が与えたPKによる1点だった。

清水は、不注意にもPKを与えてしまい、名古屋
のケネディ選手が確実にゴールを決めて、これが
決勝点となる。

名古屋・清水双方カラーを存分に出しながらも、
PKによる1点が勝負の分かれ目となる実に厳し
い戦いとなった。

【所感】
展開の欄でも述べたが、名古屋・清水共に昨年以
上に、お互いのカラーを存分に出し、実に見応え
のある素晴らしい戦いとなった。

名古屋は、昨年開幕戦でダニルソン不在だったこ
とを思うと、今年はダニルソンがアンカーにいる
ことで安定して戦えたように印象を受ける。

彼が、アンカーにいることがどれほど心強いか、
この試合を通じて改めて痛感させられた。

清水が、サイドを起点に崩しにかかってきても、
すぐにセンターに移動し、ゴール前で壁となり、
攻撃の芽を積んでいる姿は圧巻だった。

また、ダニルソンがぬかれた時も最終ラインに
闘莉王が立ちはだかり、何どもブロックしてい
た。

そして、危ない場面では、名古屋のゴールを楢
崎がファインセーブで死守し、これぞ名古屋と
いう戦術が十分見られ評価できる。

さらに、この試合でケネディが孤立する場面は
それほどなく、昨年以上に中軸がどっしり構え
ている様子が伺えた。

正直に言って、今年の名古屋は非常に怖い。
それがこの試合で痛感したような出来栄えだと
いえる。

ここまでは、名古屋の良い所を述べてきたが、
それとは逆に不安要素も出始めた。

それは、今年も怪我人が続出してしまっている
という点だ。

清水との好勝負を展開した名古屋だったが、こ
の試合で勝点3を取った代償として途中交代の
3選手(玉田・藤本・中村)が怪我によって交
代を余儀なくされたのは非常に痛い。

玉田の場合は負傷の悪化を理由に前半で退場し、
後の二人は試合中の怪我で負傷退場。
ケガの重度がどれくらいなのか非常に気になる
ところだ。

この試合で負傷退場した3選手は間違いなく、
名古屋を支えるレギュラー達だ。

万が一、この3選手が次節以降試合に出れない
となると、非常に痛い。

実際、昨年は怪我人続出したことで名古屋は苦
しみ調子を崩した。
一時期疲弊してしまい、降格圏内まで落ちてい
たほどだったのだ。

昨年の二の舞だけは避けたいが、今年も、最悪
怪我人による疲弊を免れないかもしれない。

ポテンシャルは非常に高いチームだけに、怪我
人による影響をなるべく軽減し、今後の試合を
戦っていきたいのが今の本音だろう。

一方、清水は、PKによって名古屋に敗れたが、
悲観する必要が一切ない内容だったと思う。
昨年の開幕戦は、チーム戦術がまだ浸透できて
おらず、チームがバラバラで、柏に好きなよう
にやられてしまっていたが、ゴトビ監督2年目
となった今季は、戦術も大分浸透しており、前
線の3枚を起点としたスピーディーなサッカー
が存分に発揮出来、後は決定力を向上させるだ
けという印象を受けた。

清水も平岡・高原を始め怪我人が続出しており、
厳しい戦いが続くだろうが、怪我人が復帰して
くれば、安定感を増し、怖い存在となってくる
ように思う。

それだけ、次につながる素晴らしい試合展開だ
った。
更に、言えば、ヨンアピンの存在は絶大!!
この日はCBを務めたが、平岡の不在を感じさ
せないほどの出来だった。

平岡が戻ってくれば本来のボランチを務めるだ
ろう。
そうなってくれば、清水の最終ラインはかなり
安定したものとなり、簡単に失点しない鉄壁な
チームへと進化するのではないだろうか。

いろんな意味で期待の持てる第1節だったと強
く印象に残りました。

以上、J1開幕戦『名古屋グランパスvs清水エ
スパルス』
の一戦を簡単に振り返ってまいりました。

いかがでしたか。

名古屋・清水共に、それぞれの特色が存分に出
され、観ていてとても充実した内容だったと思
いました。

特に、名古屋のダニルソンと清水のヨンアピン
は共にボランチ(この試合でヨンアピンはCB
を務めていましたが・・・)を主戦場とする外
国人選手の働きぶりには脱帽しました。

ダニルソンはいつもの安定感ある鉄壁の守備力
(インターセプト・タックルなど)が見事で、
再度に振られたときもすぐ中央にもどるなど、
運動量もいかし、危ないシーンをことごとくブ
ロックしていました。

一方ヨンアピンもこの日はCBを務めていたも
のの、清水の舵取り役として、十分に落ち着い
たプレイが見られて、どっしりと構えられてい
る感じがして、簡単には崩れないだろうという
強い印象がのこりました。

今後もこの2選手を軸にそれぞれのチームを注
目していきたいところです。

さて、今季も定期的に試合を振り返り、皆さんに楽し
んでいただける様に、このブログで展開してまいりま
す。

どうぞお楽しみにしてくださいね。
d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。

では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!

【le coq ウェア】 QH-74111GR 11 名古屋グランパス ホーム 半袖 ユニフォーム WSP RED /ABCマート楽天市場店
ABC-MART楽天市場店
【le coq ウェア】 QH-74111GR 11 名古屋グランパス ホーム 半袖 ユニフォーム


楽天市場 by 【le coq ウェア】 QH-74111GR 11 名古屋グランパス ホーム 半袖 ユニフォーム WSP RED /ABCマート楽天市場店 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ZIPPO Jリーグオフィシャルライセンスジッポー「名古屋グランパス」
喫煙具屋
J LEAGUE OFFICIAL LICENSE ZIPPO日本のプロサッカー「Jリーグ」のオフィ


楽天市場 by ZIPPO Jリーグオフィシャルライセンスジッポー「名古屋グランパス」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







【メール便で送料無料】 【個数限定】天然石 地球儀キーホルダー 清水エスパルスバージョン
ピィアース別館
* 地球儀キーホルダー *大陸は天然石で作られ、海はパールパウダーで作られています。キーホルダーサイ


楽天市場 by 【メール便で送料無料】 【個数限定】天然石 地球儀キーホルダー 清水エスパルスバージョン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





プーマ (PUMA) 清水エスパルス レプリカアウェイSSゲームシャツ 900972 [分類:サッカー レプリカ] 送料無料
Sportsman 楽天市場支店
2011年秋&nbsp;モデル●DRY:ポリエステル100%素材のため、綿よりも優れた吸水速


楽天市場 by プーマ (PUMA) 清水エスパルス レプリカアウェイSSゲームシャツ 900972 [分類:サッカー レプリカ] 送料無料 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



※サッカー関連過去記事は、下記から参照してください。

【サッカー全般・関連過去記事一覧】
・【サッカー関連過去記事一覧】

【ヴィッセル神戸・関連過去記事一覧】
・【鹿児島キャンプ情報】
・【移籍・補強・退団関連記事】
・【観戦記&感想】
・【ヴィッセル神戸動向&戦術】
・【その他ニュース&人気ネタ】

※J1に関す情報(マッチレポート・各チームの戦力分析・勝敗
予想など)及び、ACLでのJリーグ代表(名古屋・G大阪・C大
阪・鹿島)の各試合の情報は下記サイトを見てくださいね。

・【Jリーグ(J1)専門サイト『J1 Station』】

【ブックマーク登録はこちらからどうぞ】





【この記事に共感をもたれた方は、『いいね!』ボタンを
クリックしてね。。o@(^-^)@o。ニコッ♪。】



【PR】
ただいまランキングサイトに参加させていただいてます。
もしよろしければクリック応援お願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へTREviewブログランキングPVランキング
人気ブログランキングへblogram投票ボタン



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文



【J特】J1プレイバック2102【第1節:名古屋vs清水】 フリーノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる