フリーノート

アクセスカウンタ

zoom RSS ドイツ語お薦めフレーズ 『Was ist das?』

<<   作成日時 : 2011/01/09 16:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Guten Tag!(こんにちは。)

皆さん、お元気ですか?
ドイツ語を楽しく勉強しましょうね。

今回もドイツ語でよく使う
お薦めフレーズをご紹介します。

早速参りましょう。
さて、今回のお薦めフレーズは、
『Was ist das?』(これは何ですか?)です。

では、このフレーズを、噛み砕いて説明しますね。

Was =『【疑問詞】何』(発音:ヴァス)
ist = 『【sein動詞】〜です』(発音:イスト)
das = 『【定冠詞】これは』(発音:ダス)

@Was
『Was』は、何か不明な物を訪ねる時に、
よく使う疑問詞です。
この『Was』は良く使いますので、覚えて下さいね。

ところで、以前、疑問詞を使ったフレーズで、
『Wo ist 〜?』をご紹介しましたが、覚えてますか?

今回の『Was ist das?』も同じ疑問詞から始まる質問文です。
ドイツ語の疑問詞はwから始まりますので
そのことを覚えておいてください。

Aist
istは、sein動詞と言って、〜ですという意味の動詞です。
(英語で言うところのisにあたります。)
当然主語の形によって変わります。
あとでまとめておきますので、面倒ですが、覚えてくださいね。

Bdas
dasは以前にも説明しました定冠詞です。
今回のフレーズにおいては、
とくに名詞にかかってないため、
意味としては、これは・それはという風に訳します。
どちらで訳しても変わりはありません。

以上、このフレーズに出てくる単語において
説明いたしました。

わからないものを訪ねるときに良く使いますので、
ぜひ覚えて下さいね。

さて、これで、質問はできるようになったと思いますが、
肝心の、返答方法がわからなければ、質問しても、
なんと答えてくれているのかわかりませんよね。

ここで、返答方法についても触れておきます。

『Was ist das?』と質問されたら、
『Das ist 〜』(これは〜です)と答えます。

【例文】
『Was ist das?』これは何ですか?
『Das ist ein Buch.』(これは本です。)
Das = 『【定冠詞】これは』(発音:ダス)
ist = 『【sein動詞】〜です』(発音:イスト)
ein = 『【不定冠詞】一つの』(発音:アイン)
das Buch =『【中性名詞】本』(発音:ブーフ)

Das・istの部分は
先ほど説明下通りですので割愛します。

einは不定冠詞です。
不定冠詞は以前説明下通り、
対象とする相手が、特に定まっていないものを指し、
『一つの』という意味をもちます。

今回の例文では、本という対象の相手が
決まっていないものをさし示し、
一つの本という意味をもちますが、
『これは一つの本です』と訳すと、
意味合いとしてちょっとまわりくどいので、
この文章としては、『これは本です。』
と訳します。
ちなみに、einは、この後に続く名詞によって
形が変化します。
男性名詞・中性名詞の場合は『ein』、
女性名詞の場合は『eine』になります。
覚えて下さいね。

なお、『(das) Buch』は、中性名詞で本という意味です。
覚えておいてください。

これで返答方法も理解できたことでしょう。
いろんなシュチュエーションで良く使います。
ぜひ、覚えて使ってくださいね。

では、最後に・・・
お約束通り、sein動詞の変化パターンを
下記にまとめておきます。
ぜひ参考にしてくださいね。

・主語が単数形
@1人称単数(Ich)の場合。
sein → bin
A2人称単数(du)の場合。
sein → bist
B3人称単数(er/sie/es)の場合。
sein → ist
・主語が複数形
C1人称複数(wir)の場合。
sein → sind
D2人称単数(ihr)の場合。
sein → seid
E3人称単数(Sie)の場合。
sein → sind
・主語が2人称(敬称)(Sie)の場合。
sein → sind
※敬称の二人称 (Sie) は、
 文法的には三人称複数なので、
  sind を用います。

以上が、主語によって変化するパターンです。
ぜひ一緒に覚えておいてくださいね。
※詳しくは、『ドイツ語 単語活用辞典』をご覧下さい。


いかがでしたか?
今回は、何かわからない物を訪ねるときに
使うフレーズ『Was ist das?』と、その返答方法
をご紹介しました。
たしかに、sein動詞・定冠詞・不定冠詞など、
主語の形や後につく名詞によって変化しますので、
覚えるのも大変でしょう。
しかし、このフレーズをしっかり覚えることで、

旅先で、よくわからない物に出食わした時
気軽に、現地の人に質問できます。
旅先では良く使いますので、
ぜひ覚えておいてくださいね。

また、ドイツ語の表現の幅も増え、
より一層ドイツ語が楽しくなります。
ひとつずつ、無理なく楽しみながら
覚えていきましょうね。

では、今回はこの辺で。
Tschus! またね(^−^)


※語学・ドイツ語関連過去記事は、下記から参照してください。

【ドイツ語関連記事】
ドイツ語 お薦めフレーズ一覧
文法過去記事一覧
数の数え方・記事一覧。
ドイツ語(その他)過去記事一覧

【語学全般記事】
語学全般関連過去記事一覧



ドイツ語のしくみ
白水社
清野 智昭

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドイツ語のしくみ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ドイツ語スピーキング
三修社
三宅 恭子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドイツ語スピーキング の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ドイツ語練習問題3000題
白水社
尾崎 盛景

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドイツ語練習問題3000題 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文



ドイツ語お薦めフレーズ 『Was ist das?』 フリーノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる